名義変更、住所変更、廃車~福島県郡山市の行政書士による手続き解説

郡山市の名義変更・住所変更・廃車手続き解説

普通車の名義変更とは

名義変更とは、正式には「移転登録」といい、自動車の所有者が変わったときに行う車検証の名義部分を変える手続きです。

旧所有者と新所有者(売る者と買う者・譲る者と譲られる者など)が必要な書類を用意して、新所有者の住所を管轄する運輸支局(陸運局)に双方が出向いて手続きします。
同時に氏名と住所が新所有者になった車検証の申請をします。

また、運輸支局(陸運局)の管轄が変わる場合には、ナンバープレートを付け替える必要があるため、車両を持ち込まなければなりません。普通自動車には軽自動車と異なり、封印があるためです。例えば、仙台市の人から郡山市の人が自動車を購入した場合です。

一般的には、旧所有者と新所有者の委任状をいただいた代理人が代行で手続きを行うのが現状です。

この手続きは、譲渡されてから15日以内に行なうことになっています。
自動車を譲った方は、名義がきちんと変わったかを確認してください。所有者が自分のままだと自動車税の請求が自分に来てしまいます。

当然ですが、車検切れでは手続きできません。

住所変更・氏名変更とは

「住所変更」とは文字通り引越しをしたときに新住所に直すことですが、正式には「変更登録」といいます。
郡山市内で引っ越した時でも必要な手続きです。

また、結婚して氏名が変わったなどは「氏名変更」の手続きが必要です。

このように、車検証に記載してある事項に変更があったときにしなくてはならない手続きを総称して「変更登録」と呼びます。

この手続きは、変更があった日から15日以内に申請をしなければいけません。

廃車手続きとは

 

廃車手続きは正式には「抹消登録」といい、2種類あります。

  • 第15条の抹消登録(永久抹消)
    わかりやすく言うと、解体です。古くなったり、事故などで自動車として使用できない時に行います。
  • 第16条の抹消登録(一時抹消)
    長期旅行や出張で一時的に車を使用しない時に行います。
    一般的に言う、ナンバーをはずして税金を止める作業です。永久抹消は解体を伴うため、車本体が消滅しますが、一時抹消の方だと車自体は残りますから、再使用はもちろん、譲渡することもできます。
  抹消登録しないと名義人が自動車税を毎年払うことになりますので、長期間自動車を使用しないときには抹消登録しておきましょう。

自動車の登録とは?

新車や中古車を所有するには、運輸支局(陸運局)で登録をしなければなりません。登録をすることで所有権を第三者に主張できるようになります。不動産でいう登記と同じです。

登録をしなければ、車検証はもちろんナンバープレートももらえませんので公道を走れません。

登録を行うには、新所有者の住所を管轄する国土交通省運輸支局(陸運支局)にて行います。

郡山市を管轄しているのは福島市の陸運支局ですので、郡山市に住んでいる方は福島市まで行かねばなりません。

福島運輸支局の場合、受付時間は平日8:00~16:00です。
月末や年度末は特に込み合い、時間がかかります。

自動車の手続き代行

自動車の変更手続きをするには、平日に運輸支局(陸運局)に行かねばなりません。

でも、お勤めをしている方など平日の昼間に時間が取れない方もいらっしゃると思います。
月末や年度末は時間がかかることもあります。
官公署に提出する書類の作成が専門である行政書士が書類の作成から、手続きまでを代行いたします。


当事務所では、

 1:申請書類の作成
 2:運輸支局(陸運局)への申請
 3:車検証の受取
 4:お車の受け渡し
まで代行いたします。

誠に申し訳ございません。
只今、諸事情により車の手続きを休止させていただいております。

このページの先頭へ