名義変更に必要な書類はこちら

名義変更(移転登録)の際に準備する書類は下記のものです。
管轄変更(転入)の場合はナンバー交換が必要になるため、自動車の持込が必要になります。

旧所有者(譲渡人)が準備する書類
1:譲渡証明書(実印押印)
2:印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
3:自動車検査証(車検証)
4:その他(住民票又は商業登記簿謄本など)
新所有者(譲受人)が準備する書類
1:印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
2:自動車保管場所証明書(車庫証明)
3:実印
4:その他(使用者が所有者以外のときなど)

申請書(OCRシート)、手数料納付書、税申告書も必要ですが、これらは陸運支局で入手できます。

代理人に頼む場合は実印を押した委任状が必要です。

★譲渡証明書は旧所有者からのものです。使用者ではありません。
また、様式の定めがあります。


  • 車検証に記載された住所と現住所が異なる場合、車検証の住所から印鑑証明書の現在の住所までが繋がる住民票、戸籍の附票、商業登記簿謄(抄)本等などが必要です。また、記載の氏名が現在と異なっている場合は戸籍謄抄本も必要です。
  • ◆新所有者が未成年の場合は、親権者・後見人の印鑑証明書と実印の押してある同意書が必要です。
  • ◆新所有者と移転登録後の使用者の名義が異なる場合、新使用者の3ヵ月以内の住所を明らかにする、印鑑証明書・住民票・登記簿謄本等の書類と実印を押した所有者の委任状が必要になる場合があります。

誠に申し訳ございません。
只今、諸事情により車の手続きを休止させていただいております。

このページの先頭へ